FX業者 取引単位で比較


※項目をクリックすると並べ替えが出来ます
※スマホでは横向きにして下さい

FX会社
(注文数量)
取引単位


SBI FXトレード
(数量10,001~)
1


DMM FX
10000


マネーパートナーズ
100


東岳証券
10000


ライブスターFX
10000


ヒロセ通商
1000

トレイダース証券
1000

FOREX.com
1000

JFX
1000

外為ジャパン FX
1000

取引単位は10000以上でも問題はない

10000単位なら必要証拠金は約35000円以上は必要なので
余裕を持って運用していくには資金10万円は必要になってきますが
(取引方法にもよります)
将来的には10000単位以下でやっていくのは小額すぎるので
10000単位以上を選んでおいても問題ありません。
例えばドル/円で10000通貨買いをしていたら1円円安になれば+1万円ですが
1通貨買いなら+1円、100通貨買いなら+100円です。
そのような小額で本番を行う価値はないといえるからです。
現実には1000通貨以上であるくらいがバランスがとれていると言えます。

初心者のうちに最少金額で様子を見たい場合

慣れるまで少額で行いたい場合、緊張感のある本番で小額で試したい場合は
1単位や100単位の業者を選ぶことになります。

取引単位が少ないことのメリット

取引単位が少ないことにはメリットもあります。
リスク管理上の通貨単位のコントロールが正確になることです。
イメージとしては命令が行き届くのは
10000単位以上は隊長クラスまでですが
1単位なら兵員全員に指示が行き渡る
といった感じです。

リスク管理上の通貨単位のコントロール
資金135000円
必要証拠金200%維持目標
必要証拠金 1万通貨=4万円
必要証拠金 1通貨=4円である場合


取引単位「10000」通貨の場合

必要証拠金200%維持目標には
資金135000円では62500円が必要証拠金として利用できることになりますが、
1万通貨を扱うには必要保証金4万円が必要なので、
1万通貨までしか取引できません。

つまり200%維持のルールを守るには62500-40000で22500円が使えなくなり、
資金が余ってしまいます

取引単位「1」通貨の場合

必要証拠金200%維持目標には
資金135000円では62500円が必要証拠金として利用できることになりますが
62500÷4円=15625通貨
となり62500円の資金をまんべんなく使用することが可能となります。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
» FX業者 取引単位で比較