システムトレードとは? メリット・デメリット(注意すべき点)


無題2

システムトレードのシュミレーション機能

システムトレードとは自動で取引することで、いくつかのFX業者で行うことができます。
システムトレードのメリット・デメリット(注意すべき点)について説明したいと思います。

時間に拘束されなくなる

通常手動で取引することになるFXですが取引時間はほぼ24時間取引することができます。ただ仕事をしてる人や時間を他の事でとられてしまう人にとっては必ずしも良いこととは言えません。
例えば移動平均を超えたら買ってみようとか、いくらになったら買ってみようとやり方を決めていたとします。そのタイミングが手の空いている時間や休みの日に起きたなら手動で行うことができるのですが、仕事中、家事中、電話中、遊びに行ってる時に起きてしまうと対応することができません。
そしてよくあることなんですが本来なら買っていたはずだったが忙しくて新規注文が出来なかった場合、後になって確認してみるとかなり上昇していて悔しい思いをすることがあります。
そのようなことを避けたい場合、システムトレード(自動取引)を行うことによって意図する売買タイミングを常に逃さないようにすることができます。また、取引をシステムトレードに任せられるため、他の仕事に従事できるようになります。
システムが希望の売買タイミングを検知し自動的に注文が発注されるのです。もう1人自分がいる状態になるので非常に効率が良くなります。

感情に左右されなくなる

FXに限ったことではありませんが取引はかなり感情に左右されます。
つまり最も大切なマインドを維持するのが難しいところがあるのです。何かの教材などでマインドから学ぶことが多いようにマインドとは重要なものです。
取引がうまくいっているうちは割と冷静でいられるのですが、マイナスが増えているときはあらかじめ決めていたはずの売買ルールを無視して暴走することが多くなってきます。損したからあともう少しもう少し待てば、、とやり方はどんどん曲がってしまいこのようなことを続けていてはは計画性があったはずのものが結局は無計画と同じになってしまいます。
そこでシステムトレードです。あらかじめ設定した売買タイミングでのみ忠実に行ってくれるので、余計な感情に左右されることが全くなくなり、規則性のある投資ができるようになります。一貫性を持たせることもできるので後から振り返っても作戦が立て直やすくなります。

システムトレードの注意点

システムトレードに限ったことではありませんが最も恐れるべきは損失の拡大です。
システムトレードでは必要証拠金が必要なので預けている証拠金よりマイナスになる事はほぼないと思いますが間違った設定をしてしまうと短時間のうちに多くの資金を失ってしまう危険が出てきます。
システムトレードによる弊害といった状態です。それは特に超短期の自動売買に設定した時に起こります。短期間のうちに多くの取引を自動で行ってしまうとスプレッドによって損失ばかりが拡大していってしまうんです。
したがってシステムトレードは超短期にすることはおすすめすることができません

シミレーション機能ではうまくいっていたはずなのに実際に取引してみるとうまくいかないという経験をされる方も多くいます。
これはいったいなぜなのでしょうか?

その理由の一つに取引シミレーション機能の結果にスプレッドが反映されていない場合があることが挙げられます。
スプレッドを考慮していない自動超短期売買、これほど恐ろしいやり方はありません。小さな取引量でも1日で-100万程度いく可能性もあります。これではスプレッド分を支払うための売買になってしまいます。
シミレーション機能にスプレッドが考慮されているかは絶対に確認しておく必要があります。

もしあなたの使っている証券会社のシステムトレードのシミレーション機能にスプレッドが考慮されていない場合、実際の取引では全く異なるひどい結果になります。家に帰ってみたら考えられないほどの損失が出ている可能性だってあるのです

以前私が使っていたものは取引シミレーション結果にスプレッドが考慮されていないタイプのもので
2.3時間で-5万ほどの損失が発生しました。
したがって最初は最小1日1回程度のシステムトレードをすることが無難です。まずは様子見としてもそのくらいが丁度良いです。
自動であるため損失が出すぎても放置しやすくなるのは大きなデメリットです

まとめ

24時間寝ずにパソコンに向かっていたりニュースを聞いて取引することは不可能であるため、上記の注意点に気をつけて、リスク管理、こまめにポジションのチェックさえしていればシステムトレードは非常に有意義なものです。想像力や能力を最大限に自由に発揮しオリジナル性のあるシステムを構築してみましょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
» システムトレードとは? メリット・デメリット(注意すべき点)