少額投資のメリットとは?初心者が自分のやり方を確立するまで資金管理を徹底して損失を抑えるには


FXの少額取引の利点

ゼロ金利時代の投資商品として大人気のFXですが、この商品の人気の理由は少ない証拠金に個人の場合で25倍のレバレッジをかけ、多額のトレードをすることができるというところにあります。
言うまでもなく、ハイリスクハイリターン商品となりますが、レバレッジが25倍もかけられるというトレードは日本には他にはなく、個人投資家が投資しやすく一攫千金も狙えるということで人気となっています。

しかしFXは初心者にとってはそう簡単なトレードではなく、慣れていないケースではあっという間に証拠金を失ってしまうこともよくあり、
何度も負けていると多額の損失が発生することにもなりますので、デモトレードや少額のトレードである程度訓練してから本格的に勝負したいところです。

自分のトレードスタイルを確立できるまではなるべく損失を抑えるために少額のトレードに徹する必要があります。
少額1単位・必要証拠金4円から取引ができる口座がありますが、どのようなメリットやデメリットがあるのかをみていきます。

1単位からの少額取引で数円から始めることがが可能!少額向けFX業者

約4円から取引可能【SBIFXトレード】

【SBI】SBI FXトレード

icon-chevron-circle-right FX業界に新企業が登場!『SBI FXトレード株式会社』 抜群のスプレッド・スペックを誇る取引環境で投資家の皆様に高水準のお取引環境を提供しています。 1500万人が選び、金融業界に変革を起こすSBIグループがより豊かなFX取引環境と、新取引アプリもリリースし、ますまず取引が便利に!!

 

1単位で取引のメリット

1単位で取引のデメリット

4円からOK。必要資金が少なくてすむ

最低取引単位10000通貨のFX業者の場合、リアル口座でトレード環境を試したいと思ってもそれなりの証拠金の入金が必要です。
1単位では必要資金が非常にすくないため、初心者や少ない資金で運用したい方に非常に向いています。

米ドル/日本円 1ドル=100円の場合

通貨数 約定金額(円) 必要保証金(取引を行うのに必要な資金)
10000単位 100万円 4万円
1000単位 10万円 4000円
100単位 1万円 400円
1単位 100円 4円

☆FX取り扱い業者によって違うのが取引単位です。10000単位、1000単位が主流ですが1単位からできる業者は希少です。
資金が少ないので他社では最低単位が大きくて取引できない方、FXは怖いのでまずは少額で初めたいとき(他社では最低単位が大きくて不安な場合)
資金が非常にすくない方にSBIFXトレードは向いています。

最初の第一歩のステップに向いている

本番はどの口座を開設しても最小単位でのスタートになると思います。
いきなリスクをとるのはよほど資金に余裕がある場合だけで、通常はやはり少額からです。

取引単位は少ないほど少額な資金で取引することが可能です。
sbifxトレードなら1通貨単位で取引出来るのでわずかな証拠金があれば取引出来ます。

初心者のうちは最少金額で様子を見て、少額からチビチビやっていき、慣れたらドカンと大きくやってみたいという慎重な方に向いています。

実際10万程度の入金から様子を見ながら始める方がほとんどです。
その資金で10000単位での取引は、期間にもよりますがリスク超過気味になります。

1単位からスタートし、リスクを最小限に抑えつつ、デモでは経験できない実戦ならではの緊張感を体験しながら経験を積むことが可能になります。

自分の資金に合わせた細かい単位設定が可能

「1」単位であれば 「15750通貨単位を取引」といような、より細かい単位設定にすることが可能です。
1000単位.10000単位といった「束」の状態に比べ資金に応じてより柔軟に単位をコントロールすることができます。
 

より完全な資金分散(ポートフォリオ)ができる

1単位であれば複数通貨で資金分散(ポートフォリオ)したい場合に投資額を揃えられるのも特徴です。

通貨で資金分散(ポートフォリオ)しようとしても1000単位.10000単位だと同じ投資額に合わせることがなかなかできません。

例えば1ユーロ=120円、豪1ドル=80円であった場合
1ユーロ=120円の1000単位は12万円
1豪ドル=80円の1000単位は8万円

日本円では4万の差がでてしまいます。これではユーロ通貨に比重が大きくなり完全なポートフォリオ(資金分散)とは言えません。通貨間で投資額を最大公倍数で揃えるにしても、額がなかなか合わないのです。

1単位であれば下記のように投資額を揃えることができます
1ユーロ=120円 1000単位で12万円
豪1ドル=80円 1500単位にして12万円

または
1ユーロ=120円を666単位にして約8万円
豪1ドル=80円の1000単位で8万円

このように単位の自由度が増すことで通貨間の投資比重を均一にしやすくなります。自分の資金のふところ具合に合わせて取引単位を1単位から調整することによりリスク管理上の通貨単位のコントロールが正確になるのです。

10000単位の業者である場合、単位を上げるだけで必要となる証拠金はそれだけで大きめに倍になってしまいますが、
1単位であると資金を調節(増加・減少)させるのに非常に小回りが利きます。

デモ口座の一歩先を体験できる


口座開設する前にデモ口座にて取引環境を試せるFX業者が多くなっています。
このデモトレードで最初に訓練するという手もあるのですが、やはり本番とは異なり真剣にトレードすることができませんし、何より失敗しても実際には損失を出すわけではありませんので、訓練にならないというケースも多くなります。

損をしても痛くもかゆくもないデモによる仮想マネーでは、実際の緊張感は得られません。
バーチャルな証拠金を用いるデモ口座ではリアル取引と感覚が異なるのです。

デモはトレード環境を無料で試せると言うメリットがありますが、仮想的な証拠金と実際の証拠金では気持ちが違います。
そのためデモ口座でのトレードとリアル口座でのトレードと差が出るのです。

自分のお金がリスクにさらされていなければ真剣に勉強しようとは思わないのです。
「デモのように様子を見ながら緊張感も得る」その理想を具現化するには、わずかな証拠金でリアル口座のトレード環境を試すという手があります。

1通貨単位で取引出来るsbifxトレードで緊張感のある本番を小額で行い、取引環境に慣れるまで試すことができます。

デメリット

リスクを抑える少額投資ではリターンは少ない

1単位というのは少額すぎる額ですのでリターンもわずかです。
FXではポジションの持越しを行うとスワップポイントが得られると言う仕組みもありますが、
少額取引では得られるスワップポイントも少ないです。

当然といえば当然ですが、リスクを抑える少額投資ではリターンは少なくなります。
この点においては後々慣れてくるに従い資金を増額して取引単位を増やして大きな取引をするようになれば解決するので、最初は仕方がないと言えます。

少額投資だからといって確実に儲かる訳ではない

少額だからといって勝率が高まるわけではありません。あくまでリスクが少ないだけです。
また頻繁に取引すると通貨の買い売り値の差(スプレッド)を何度も引かれてしまい損失が積みあがることがあります。

初心者が陥る損失のパターン

FX取引には、レバレッジが効くため、リスクを伴ないます。
初心者が1万通貨以上の取引をしてマイナスに動いた場合、損失が高額になっていくため、心理的な負担を感じお金を増やす目的で始めた投資金が減ることに大きなストレスを感じ、元に戻るまで期待して待ってしまいます。

ここで、元の金額に戻れば事なきを得ますが、こういった心理的な取引は、実口座でしか学ぶことはできません。

利益が少しでも出ると、すぐに決済し、口座の残高が増えることが嬉しいのですが、逆に反対方向に動くと、自分自身の金銭感覚に対して損失額が高額に感じ、元に戻るまで待っておこうとして、評価損が増えてもなかなか決済が出来ません。コツコツ貯めてドカーンと損を出す、典型的なタイプです。

ここにきて、FXがどのような商品なのか、やっとわかってきて、高額取引の怖さを経験することになります。

まとめ

市場から退場せずに、相場を経験するためには、少額取引からコツコツ始めることが大切です。
いかに大きく勝つかと同時に、いかに損失を抑えるかも学んでいきましょう。

1単位からの少額取引で数円から始めることがが可能!少額向けFX業者

約4円から取引可能【SBIFXトレード】

【SBI】SBI FXトレード

icon-chevron-circle-right FX業界に新企業が登場!『SBI FXトレード株式会社』 抜群のスプレッド・スペックを誇る取引環境で投資家の皆様に高水準のお取引環境を提供しています。 1500万人が選び、金融業界に変革を起こすSBIグループがより豊かなFX取引環境と、新取引アプリもリリースし、ますまず取引が便利に!!

 

SBIFXトレードの長所・メリット

SBIFXトレードの欠点

スプレッドが狭いのも人気!ドル/円0.27銭

特ににドル/円は最も安い0.27銭という設定になっていますし、通貨全体のスプレッドは比較的に良い水準であり、実際に少額取引を続ける上でのコストを下げてくれるため、人気があります。

1単位の少額トレードのみならず、スプレッドも業界で最狭クラスを提供しており、
さらに約定力も高くスリッページも小さいという評判の業者で初心者が慣れるまで少額トレードで訓練するにも最適なfx会社といってよいでしょう。

fxでは自分のトレードスタイルを確立させることが大変重要なポイントとなりますので、慣れるまではなるべくリスクを制限して繰り返し繰り返しトレードする必要があります

高機能なチャート

現在のポジション確認に便利なのがテクニカル指標です。
トレンド系指標やオシレーター系指標がたくさんあり、チャートでテクニカル分析を行いたい時に重宝します。

充実したアプリ

外出先でFX取引したいと言う時に便利なのがsbifxトレードのアプリです。
iPhone用アプリとAndroid用アプリがあり、スマホに合ったものを選んでダウンロードすることが可能です。

このアプリには横画面にも対応しているチャートが装備されており、パソコンより小さいスマホの画面でも確認しやすいのが魅力です。
さらにテクニカル指標もあり、外出先でもスマホでテクニカル分析を行いながら取引することが出来ます。

豊富な通貨ペアが用意されている

sbifxトレードではメジャーな通貨ペアからマイナーな通貨ペアまで豊富な通貨ペアを用意しています。
やみくもに色々な通貨に手を出すのが良いわけではありませんが、状況に合わせて扱う通貨ペアを変えることができるので、選択の幅が広いのは魅力的です。

口座開設500円プレゼント

FBI FXトレードで新規口座を開設し、ログインするだけで500円入金してもらえます。

他社の方が、便利なツールもある

業者にはそれぞれ得意な分野がありますので、他社の口座にしかないような良いサービスがあるなら積極的に利用するべきです。
例えば日本で人気の高いDMM.com証券は10000単位からで多めの初期資金が必要となりますが、操作性やデザインには特化しています。

◇記事参考
約4円から取引可能【SBIFXトレード】

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
» 少額投資のメリットとは?初心者が自分のやり方を確立するまで資金管理を徹底して損失を抑えるには