SBI証券とSBIFXトレードの違い

SBI証券は以前はEトーレード証券

ネット証券の代表であるSBI証券は以前はEトーレード証券と呼ばれていました.

営業マンとの直接お話しする、
そういう形は古くからありましたので、
ネット証券というとどこかうさんくさいというイメージが当時は多少あったかもしれません。

今回そのネット証券の「SBI証券」について書いておこうと思います

私自身は株式投資やFXにはSBIを利用してきました。

SBIを選んだ理由の第一は圧倒的に手数料が安かったからです
手数料は一回の取引には必ずついて回るもので、
証券会社を選ぶ際には最も気になるポイントです。
ネット証券であっても、分からないことを電話したり、
メールでの質問もきちんと返答してくれました。
たまに週明けなどは電話がつながらないこともありましたが、
それはどこの証券会社でも似たようなものです。

SBIを選んだ第二の理由は システムの信頼性が非常に高いことです
他にも多くの証券会社の口座を持っていますが、
振り込み時に不具合が起きるとか、
ひどい時には発注した注文が全く行われないという不具合を起こす証券会社もありました。
SBIを10年以上使っていますが、
私の知る限りこのような不具合を起こすことは一度もありませんでした
これは当たり前のことのようで、実際は凄く難しいことだと思います。
安心して注文を発注できるという基本的な部分は最も大切な所ではないでしょうか
頻繁に週末にメンテナンスを行っていますので、
そこから相当な技術者たちの努力や、
高いサービスを維持しようとする姿勢がうかがえます

このような理由から現在ではネット証券は完全に定着したように思います。

他の証券会社の○○チャートにはかなわない、
というようなことももちろんありますので
何から何まで他より優れているわけではないですが
チェックリストには加えてよいと思います

SBIのFXには2つある

SBI証券
「SBI FXα」
サービスがFX、国内株式、外国株式、先物、債券、投資信託まで幅広い 豊富に選べる
SBI FXトレード FX専門 FXスプレッドが安い

この二つは同じSBIですが別の運営となっています。
SBI証券の方は総合的であり、預け入れた資金を豊富なサービスに使い分けることができます。
つまりポートフォリオ効果、リスク分散効果を期待できます
SBI FXトレードはFX専門で特化しています。スプレッドもこちらの方が安いです
FXだけを考えたらSBI FXトレードの方が秀でています

目的によって使い分けていきましょう.

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
» SBI証券とSBIFXトレードの違い