SBIFXトレードでレバレッジ設定・資金調節方法と少額取引のメリット


この記事で勉強する内容
自分の資金のふところ具合に合わせて取引単位を調整するには
最適・鉄壁なレバレッジ設定をする

SBIFXトレードでレバレッジ設定

差し入れた資金の何倍もの約定金額で取引できることをレバレッジといいます。
SBIFXトレードではレバレッジ25倍に固定されているため、管理画面で100倍に設定したり2倍に下げたりすることはできません。

例えば1ドル100円の時に10000単位で約定する金額は100万円ですが、この時必要な必要証拠金は100万÷25=4万円となります。
200万なら8万円必要で固定されています。

つまり実際のあなたの使うレバレッジは25倍の範囲内で自分で調整することになります。
以下でSBIFXトレードでレバレッジや取引量の理想的調整を行うための勉強をしていきましょう。

icon-magic 約4円から取引可能【SBIFXトレード】
SBIFXトレードでは小額取引が可能であるため柔軟に資金調節することができる数少ないFX会社です。

少額単位で調整できるメリット

まずは具体的に少額取引にどんなメリットがあるのか?を見てみましょう。

他社のデモ取引では緊張感がなく真剣になれない時
結局の所、デモによる仮想マネーでは、実際の緊張感は得られません。
自分のお金がリスクにさらされていなければ真剣に勉強しようとは思わないのです。
「デモのように様子を見ながら緊張感も得る」その理想を具現化するには、少額で取引するという手があります。

資金が少ないので他社では最低単位が大きくて取引できない方
FXは怖いのでまずは少額で初めたいとき(他社では最低単位が大きくて不安な場合)です。
資金が非常にすくない方は逆にSBIFXトレードしかできない。そういうこともあるでしょう。
(ただしこの場合非常に小粒な取引となり、資産運用としては規模が小さすぎることになります)

資金を調節(増加・減少)させるのに1単位であると非常に小回りが利く
10000単位の業者である場合、単位を上げるだけで必要となる証拠金はそれだけで大きめに倍になる計算になります。(参考FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFXだが単位は10000から)

例:10000単位で必要証拠金4万の時→必要証拠金の2倍で入金額8万(維持率200%)というルールを決めている場合
20000単位購入するには(必要証拠金8万)→入金額は一気に倍の16万が必要になります。

「12万まで入金できるから単位10000通貨以上でも大丈夫そうだけど10000単位の次は20000単位しかえらべない、、。」
(購入15000単位(必要証拠金6万)入金12万にしたいのにできない)

 
ということが起こります。

10000単位の業者では選択できるのは10000単位か20000単位しかありません。入金額に対して柔軟に購入単位を変更できないのです。

しかし少額可能であれば、もっと小さい単位での調節が可能です。

今月は12万使えるから15000単位 来月は3万しか入金できないから購入単位は3750単位

 

というような少額な単位調整で入金額と取引単位をピンポイントで合わせることが可能になります。
自分の資金に単位を合わせるということができます。

単位に合わせて一気に資金を増額する必要がなくなります。
いきなり10000単位増やすのではなく500単位、6300単位など自由に決められるので資金に小回りが利くということです。

自分の資金の何倍までの取引量にするかを調節

SBIFXトレードの小額の柔軟さを使い1ドル単位で調節できますが、

初心者の方やこれから始めようと考える方なら誰でもこのように考えるはずです。

自分の資金ではいくらまでなら大丈夫なのか?いくらくらいの取引量が妥当なのか?

その答えは証拠金維持率200%以上、必要証拠金の2倍以上入金しておくのがベストです。
(例:必要証拠金4万(=100万の約定金額)なら入金額8万(使用レバレッジ12.5倍))

あなたがデイトレード派ならもう少しリスクをとっても良いでしょう。
しかし一般的な短期・長期運用なら有事に備えるためのも米ドルやユーロで±5円くらいの変動が起きても微動だにしない運用体制を構築しておくべきです。

レバレッジ25倍使用例:1ドル100円 預入金額1万円、ドル買いの場合
SBIFXでしかあり得ない1万円の資金からの運用だとします。
入金した1万円の証拠金で取引できるのはレバレッジ25倍なので25万円分2500ドル(通貨)が取引可能です。

2500ドル×100円=約定評価額250000円 預入10000円 必要証拠金10000円 証拠金維持率100% 余裕0
    

損失が1円でも発生しようものなら証拠金パンクラインに入り証拠金不足になります。すぐに証拠金を補充しなければなりません。
自分の資金に対して25倍の取引は大きすぎるのです。
25倍までできるとは言うものの25倍いっぱいまでリスクをとるのは自殺行為といえます。

そこで入金額を20000円とし証拠金維持率を200%にします

1万円の余裕があるので
100円から96円に-4円下落(2500ドル×-4円=-10000円)しても証拠金不足にはなりません。

取引する期間によって変わってきますが概ね通常の範囲では入金額は必要証拠金の2.3倍程度(維持率200%~300%)が無難です。
「鉄壁」な資金調節をすれば怖いことはありません。
使用できるレバレッジは25倍でもマイナス対策リスク管理のため、使うのは結局10倍くらいなのです

SBIFXトレードなら小額な範囲で調節が可能ですので、練習をしながら慣れていってみてください。

小額取引が可能であるため柔軟に資金調節ができる

約4円から取引可能【SBIFXトレード】

【SBI】SBI FXトレード

icon-chevron-circle-right FX業界に新企業が登場!『SBI FXトレード株式会社』 抜群のスプレッド・スペックを誇る取引環境で投資家の皆様に高水準のお取引環境を提供しています。 1500万人が選び、金融業界に変革を起こすSBIグループがより豊かなFX取引環境と、新取引アプリもリリースし、ますまず取引が便利に!!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
» SBIFXトレードでレバレッジ設定・資金調節方法と少額取引のメリット