SBIFXトレードでレバレッジ1倍調整!少額本番でデモ口座のように使用可能!


本番でもお試し的に取引するならsbifxが便利!

デモ口座はないが実戦の緊張感を得られる少額取引

SBI証券のSBI FX αにはデモ口座はあるのですが、残念ながらSBIFXトレードにはデモ口座がありません。ただ一単位取引対応のため一単位で行えばデモ口座とほぼ変わらない状況となります

icon-magic 約4円から取引可能【SBIFXトレード】
SBIFXトレードでは小額取引が可能であるため柔軟に資金調節することができる数少ないFX会社です。
SBIFXトレードでレバレッジ設定・資金調節方法と少額取引のメリット

一単位からできるのは確認している所現在2社しかありませんが、そのうちの一社が「SBIFXトレード」です。
小額取引がデモ口座の代わりになってくれます。デモ口座は緊張感が全く得られないのが最大の欠点ですので、少額による本番は低リスクで緊張を味わいながら慣れていくことが可能です。
一単位とは、、4円程度からできます。

また、SBIFXトレードはYOUTUBEで動画配信をしている数少ないFX業者です。
SBIFXトレードのチャンネル

レバレッジ1倍は可能?

入金4万円でレバレッジ1倍取引をしたいけどできるの?

 
例:入金4万円で取引 USD/JPY 1ドル100円の時
100×10000単位購入=100万の取引 必要証拠金4万円(レバレッジ25倍)

通常はこのように厳密に言うとレバレッジは25倍固定なので1倍にはできないのですが、
少額取引を利用すればレバレッジ25倍のままでも自分で資金調節すればレバレッジ1倍と同じ状況を作ることは可能です。

レバレッジ1倍とは入金額と約定金額を同額にすることを意味しますが、
これを約定金額4万円までに限定して取引すれば良いのです。

例:入金4万円で取引 USD/JPY 1ドル100円の時
100×400単位購入4万円の取引 必要証拠金1600円(レバレッジ25倍)

これで4万円で4万円分の取引(レバレッジ1倍相当)になります。(実際は1600円のレバレッジ25倍)
SBIFXトレードの少額取引を活用し、取引単位を小さくすればレバレッジ1倍に相当する取引ができるというわけです。

SBIFXトレードは米ドル円スプレッド0.27

FX取引ではレバレッジ倍率を高めるほど成功したときのリターンが多くなります。

しかし失敗したときの損失も多くなるため、初心者のうちは少額で取引したいところです。
少額で取引しているとスプレッド分が差し引かれて得られるリターンが少なくなることがありますが、そんなときに便利なのがsbifxです。

sbifxならスプレッドが狭いと言う特徴があるのです。
取引できる通貨ペアは米ドル円やユーロ円、英ポンド円、豪ドル円、NZドル円、カナダドル円など様々です。
そのうち特にメジャーな米ドル円なら0.27と言う狭いスプレッドで取引できるため、取引コストを抑えることができます。

デメリット
FXではポジションの持越しを行うとスワップポイントが得られると言う仕組みがあります。
しかし少額取引では得られるスワップポイントは少ないです。

SBIFXトレードは1通貨単位でも取引できる

最近では1000通貨単位で取引できるFX業者が増えてきました。
1万通貨単位と比べると10分の1の必要証拠金で取引することが可能です。
sbifxなら1通貨単位で取引できるのです。

1米ドル100円のレートだった場合、レバレッジ25倍ならおよそ4円の必要証拠金で済むため、少額で取引したいときにも便利です。
1通貨単位で取引できるFX業者は珍しいですね。
口座開設時に取引環境をチェックしたいと言うときにも便利でした。

安心して取引できるsbifx

他のFX業者では重要な指標発表時や早朝の流動性の低い時間帯などでスプレッドが広がって取引しにくいことがありました。
しかしsbifxなら幅広い時間帯でスプレッドが安定しており、取引しやすいのが良いですね。

他のFX業者では為替相場が乱高下しているときに取引するとスリッページが発生することがありました。
顧客に不利なレートへスリップして約定する現象ですが、sbifxでは0.1銭単位で設定することができます。
スリッページを抑えたいときは狭く設定しておけば良いのです。

しかし狭く設定し過ぎると約定し難くなるため、バランス良く設定することが必要ですね。

以前は一部のFX業者でストップ狩りが行われていると言う噂が流れていました。
これは顧客の損失がFX業者の利益になる仕組みだったからです。

ストップ狩りではレートを意図的にずらして顧客の損失を狙うと言う手口ですが、sbifxではNOストップ狩り宣言を行っておりそんな心配はありませんでした。

FX業者の財務健全性を表すのが自己資本規制比率です。
信託保全と言う保護システムがあるものの、なるべく高いFX業者で取引したいところです。
そんなときでもsbifxなら十分な自己資本規制比率となっており、安心して預けられるのが良いですね。

sbifxには株券担保サービスが無い

株取引も扱っている証券会社では株券担保サービスを提供している場合があります。
このサービスでは保有株式を担保にしてFX取引ができるため、資金効率が良いと言うメリットがありました。

sbifxはFX専業業者のために株券担保サービスが無いと言うデメリットがありますね。
しかしはFX専業業者なら当たり前のことなので、sbifxのみにあると言うデメリットではありません。

  • 今回のポイント
    SBIFXトレードでは必要証拠金最低4円ほどで済み、ほぼデモ口座のように使えるので実戦の緊張感を得ながら勉強できるので初心者に向いている。これは10000単位の業者(例えばDMM FX)ではできないことです。

 

お読みいただきありがとうございました。
 

小額取引が可能であるため柔軟に資金調節ができる

約4円から取引可能【SBIFXトレード】

【SBI】SBI FXトレード

icon-chevron-circle-right FX業界に新企業が登場!『SBI FXトレード株式会社』 抜群のスプレッド・スペックを誇る取引環境で投資家の皆様に高水準のお取引環境を提供しています。 1500万人が選び、金融業界に変革を起こすSBIグループがより豊かなFX取引環境と、新取引アプリもリリースし、ますまず取引が便利に!!

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
» SBIFXトレードでレバレッジ1倍調整!少額本番でデモ口座のように使用可能!