FX 移動平均線 とは 使い方・見方


移動平均線はどこの業者でも標準機能として組み込まれている指標です。
この線は5日平均なら直近5日の終値の平均線を表しています
またこの数字の部分は変数と呼ばれており、通常は自由に変更が可能です。短期は5、中期は25、長期は75が主に使われています。
初心者でもわかりやすく、いろいろな使い方も可能なので愛用者も多いです。

具体的な使い方

それでは実際にどのように使われているかスポットを当ててみたいと思います。(これらは必ず儲かるという方法ではありません。あくまで投資結果は自己責任ということになりますので注意してください)

 icon-check-square-o ゴールデンクロス・デッドクロス
買い=ゴールデンクロスは短期移動平均が長期移動平均線を上抜けた時
売り=デッドクロスは短期移動平均が長期移動平均線を下抜けた時

無題
この方法は非常に信号が見つけやすいという利点があります
トレンド方向が強い場合に大きな力を発揮しますが短期的なもみ合いに弱くダマシ(=信号がでてもすぐ反対信号がでること)が発生しやすい傾向もあります。

 icon-check-square-o 移動平均よりローソク足が上か下か
ローソク足が移動平均より上なら「買い」下なら「売り」

無題

現在の終値が移動平均よりも上ならば過去よりも現在が上昇傾向にあることを示しています。
また現在の終値が移動平均より下ならば現在が下降傾向にあることを示しています
このように全体的な流れを掴むために現在が上昇傾向にあるのか加工傾向にあるのかを判断するために用いられます。
他の指標と組み合わせるという方法も考えられます。
例えば移動平均より上ならば買いと定めて売買タイミングは別のテクニカル指標で行うという方法がとられます。

 icon-check-square-o 移動平均の数字の上下で判断する
買い=移動平均の数字が下降から上昇に転じた時
売り=移動平均の数字が上昇から下降に転じた時(下の画像が例)

無題

移動平均の数字を見てみると一定期間に上昇と下降を繰り返しています。
相場の転換点を捉えようという試みで使われている方法です。この方法はゴールデンクロスと同じように大きめの相場には威力を発揮しますが、はっきりしない時期には流れが続かずうまくとれないことがあります。
また1本だけでなく2本使う方法もあります。長期の移動平均線が下降を続けている中、短期の移動平均線の数字が上昇したら「買い」(売りは逆)とするやり方が用いられることもあります。

 icon-check-square-o 移動平均を終値が抜けた場合
買い=移動平均を終値が上抜け
売り=移動平均を終値が下抜け

この方法は多くの方が経験されてるのではないかと思います。最もポピュラーな方法です。
実際にチャートを見てみますとうまくいきそうな感じがしてきますが、「均衡状態」には向いておらず、買い信号がでてすぐ下抜けてしまったりします。
これを回避するために新規注文した後はすぐには反対決済しないというルールを作るなど、「フィルター」を作成して対応する方もいます。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
» FX 移動平均線 とは 使い方・見方