FX口座開設 自営業の場合の書き方

自営や開業している場合は口座開設の勤務先記入は困ることがあります.
住んでいる住所と勤務先住所が同じであるし、勤務先電話番号が自宅の番号でもあるからです。
この場合FX業者によっては書き間違え、誤入力をしたと判断され確認のメールが届いたりして口座開設手続きがストップしてしまうことがあります。

もちろん自営の方はFX口座が開けないわけではありません。
ここでは自営業の場合はどのように書いたらよいか説明したいと思います。

まず勤務先は自宅と同じでOKです。(勤務先が普通の会社であっても自営であってもFXの口座開設では在籍の電話確認をすることはありません。また本当にその職場が存在するか税務署に確認したりすることもありません)

問題なのは会社名を記入する所です。
ここには店舗の名前を(屋号と呼ばれています)記入するのが一般的です。
インターネット系で仕事をしていれば「~事務所」という感じです。
酒屋なら️️「~酒店」とか「~商店」となります。

屋号がなくて自営でお仕事をされている場合ですが
資格で仕事をしていれば
宅地建物取引主任者、ファイナンシャルプランナー、などという風に記入します。

このように記入し、収入面で問題なければ通常は審査は合格し、
口座は開設されます。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
» FX口座開設 自営業の場合の書き方