FXのレバレッジとは


d359bcce494644c9fa9f574523883936_m
レバレッジとは、より小さな資金で何倍もの大きな取引金額を扱えることです。
10万円の資金で100万円分の取引なら10倍のレバレッジです。

「レバレッジをかける」 などと言います
レバレッジとは「てこ」という意味で、
小さな力で大きな力を動かせるという意味になります。

当サイトにおいてもレバレッジという単語は何度もでてきていますが、
FXといえばレバレッジ と言えるほど重要語句です。

レバレッジをかけることができるのは非常にありがたいですね。
実際の金額を用意しなければならないとしたら、
資産に対する占有率は高くなり、
FXに資金を回す余裕がなくなる可能性がありますが、
レバレッジがあれば余裕をもった資金繰りができます。

小さな金額で大きな金額を扱えますが、
反対に大きな損失を生みやすくもなります。
(レバレッジありはレバレッシなしの取引より損失率は大きくなる)

ドル-円通貨ペアなら-10円くらいの急変動にも耐えられるというくらい万全の備えをしておくのが理想的です。
かなり頻繁に保有している通貨の状況を確認さえしていれば
そこまで慎重である必要はないのですが
寝ている間にロスカットが発生してしまったとか、
本当にある話なので気をつけたい所です。

その他の「レバレッジ」使用例

仕事の幅を広げたいが一人では手に負えなくなった時に、
「レバレッジをかけて人を雇って事業拡大する」
こんな使われ方をすることもあります。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
» FXのレバレッジとは