FXでの取引のコツ 初心者向け


cropped-a03cd1aba50c3d128b50533eb6499df0_m1.jpg
新規注文後は、スプレッド発生分だけ不利な状態(マイナス)からのスタートになります。
これをどのように埋め、利益につなげていけばよいか説明したいと思います。

ポイント①利大損小を目指す

一回一回の取引では
プラスになる時を大きく
マイナスを小さく
という利大損小になる取引を目指すのがポイントです。
利益は追求して伸ばし、損失は限定された取引を目標にします。
逆に、
「プラスになったから気分よくやめて、マイナスは嫌だから放置」
このような感じで
利益を限定し、損失を伸ばす取引を繰り返すと
勝率は高くなりますが、
利益は小さく損失が大きくなり、トータルでプラスになりにくくなります。
「木を見て森を見ず」にならないようにしましょう。

時間が経過してからも利益を生み続けるコツは勝率をあまり気にせず、
目先にとらわれず全体とのバランスを考えた方法で行う必要があります。

ポイント②取引の時期を考える

買いで金利を受け取りさらに、上昇相場に乗り値上がりによる利益を目指す
これが最も理想とするパターンです

相場の判断は、新聞や情報誌から集めたり、チャートを利用して判断をするのが一般的です。

景気悪化の下落の局面では、金利の支払いが生じるため 長期の売りはせず
自信のある時は日経平均先物の売りを行ったり、
または何もせず静観します。

相場に合わせたメリハリのある取引を行っていきます。
通貨を保有しない何もしない期間をおくことも大切です。
常にポジションを持っていたいというのは、
取引に自らの強いこだわりを持ち込むことになり、
FXは趣味楽しみのために行うギャンブルのようになってしまいます。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
» FXでの取引のコツ 初心者向け