FX 初心者の金額設定


3dcda2e40ab22fe60d8bef431a16d1e0_s

まずいくら以上あれば始めらるかを知っておく必要があります。
FXとはいくらから始めらるか
のページも参考にしてください

最初から大きな金額をやってみたい。そのような衝動にかられるかもしれませんが、
保証金の率が日々どのくらいかわるか?
数日の値動きの仕方
注文方法の種類
と知っておくべきこと、始めてみなければ体感できないことがありますので
予期せぬことが起こる可能性も当然ありますので、まずは少ない所からスタートします。

あっ、そうだったのか⁉︎
分かったつもりになっていたけど
実際は違っていた。
このようなことにならないように、
最初は最も少ない金額からのスタートにし、慣れてきたら取引金額を増やしていきましょう

その後の、具体的な金額設定は

1万単位通貨ペアの必要保証金が5万円の場合

維持率200%(必要証拠金の2倍に設定)維持目標なら
1万単位通貨ペアを取引する=必要保証金5万円=資金10万円用意
2万単位通貨ペアを取引する=必要保証金10万円=資金20万円用意
というような設定にするか
さらに安全性を高め、維持率300%(必要証拠金の3倍に設定)にした場合
1万単位通貨ペアを取引する=必要保証金5万円=資金15万円用意
2万単位通貨ペアを取引する=必要保証金10万円=資金30万円用意

とあらかじめ決めておくとよいでしょう
このような設定にしておけば、急な損失が起きても耐えやすくすることができます
つまり必要証拠金に対していくら用意すれば良いかをあらかじめ決めておくことが理想です

用意する資金からいくつの通貨を扱うか決めるには

例① 用意する資金100万 1万単位通貨ペアの必要保証金が5万円 維持目標200%(必要証拠金の2倍に設定)
必要保証金として使う金額は 100万÷(維持目標200%)2=50万円
50万円を必要証拠金とする単位は 50万÷(必要保証金)5万円=10
1万単位通貨ペアを10単位取引

例② 用意する資金100万 1万単位通貨ペアの必要保証金が5万円 維持目標300%(必要証拠金の3倍に設定)
必要保証金として使う金額は 100万÷(維持目標300%)3=33.3万
33.3万を必要証拠金とする単位は 33.3万÷(必要保証金)5万円=6.66
1万単位通貨ペアを6単位取引

あくまで一例ですが、このような計算で、投資割合を決めると良いでしょう。

ここで言う「用意する資金」は全体資産の多くても1/20までにしておくべきだと思います。
あくまで例ですが3000万が資産であれば資金はせめて150万(5%)まで。もちろん2%でも1%でも良いと思います。

最初から鉄壁の防御体制で
最悪の事態が起きても何ら支障が起きない範囲の金額設定で望むべきです。
慎重になりすぎると機を逃してしまいますが、
リスク管理は徹底しておくべきです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
» FX 初心者の金額設定