FX初心者 デイトレードとは


e528beb19e925056033da65eaa428c63_s

デイトレードとは
その名の通り一日以内で新規と決済を終わらせる取引です。
そのため金利よりも
値動きによる売買益を得ることを目標とします。

スプレッドが広い通過ペアでデイトレードを行うと、
回収はほぼ不可能ですのでスプレッドが狭い通貨を選択することになります。
取引時間が短いため損益に対するスプレッドの割合が長期取引より高くなるため、
難易度は高めの取引方法です。
新規ポジションを持った時にいきなりマイナスから始まることでも分かる通り、
このマイナス分を短期間で埋めなければならないのです。

一日以内で取引して毎日収益を増やしていけるだろうとタカをくくっていると、
逆に難しい世界に入ってしまうかもしれません。

しかし、まずは失敗を恐れずやってみるのもよいです。
アニメ「巨人の星」の中で
「失敗を恐れて成功した者はいない」
と言っていました。
非常に良い言葉だと思います。
なんでもチャレンジしていき失敗を積み上げてしまえば、
やがては失敗は減っていき、
誰にも負けない技術が身についていきます。

分足チャートを用いて決める

デイトレードに
直接的なタイミングはチャートの分足で図り、
長期的な勢い・トレンドは日足、週で確認します。
分足といえども、
日足週足月足といった長期スパンの影響を受けているからです。

新規か決済を時間で決める

デイトレードにエントリー時はチャートで決めて
ヤメ時は~時間後になったら、
というパターンや、
エントリーと仕切りも時間で決める方法です。

事件の発生で取引する

あくまで一例ですが同時多発テロ、大地震直後、リーマンショックといったことが起こると、
相場は急激な円高になりやすい傾向があります。
その場合はドル-円なら売りから入ることになります。
場合によっては利益を追求したままスイングに持ち込むという手もあります。

このような「事件」は大小関係なくいつ起きてもおかしくありません。
口座に資金を入金しておき、
いつでも発進できるように準備しておきます。
FXはプロ・素人に限らず多くの参加者がいますので、
相場が動きだしてからでは既に遅い可能性はあります。
これを行う場合でもしっかりとリスク管理を徹底しておく必要があります。
過去に起きた出来事の日のチャートを確認し、
事件と値動きの関係を確認してみるのもよいです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
» FX初心者 デイトレードとは