DMM FXが世界第2位を築きあげた理由


枠にこだわらずチャレンジをする企業

高度成長を終え景気も横ばいになっている日本の多くの企業はチャレンジすることより、企業のイメージやブランドを保守することにむしろ力を入れるようになってきました。

しかしDMMでは非常に柔軟性がありながら積極的に事業を推進しているイメージがあります。
DMMには昔ほとんどの企業が持っていたはずのひたむき、前向きなチャレンジ精神、活気、やる気が感じられるのです。

DMMというとFXよりも真っ先にAVを配信しているというイメージをもたれる方もいます。DMMはFXもやっているわけですが、そのごちゃごちゃ感が気になるという方も少なからずいます。
しかしそこにこそむしろDMMという会社の良さ、枠に囚われない前向きなチャレンジ精神を感じるのです。
型にはまっていないという所がとても重要です。新しい世界や、技術力は常に想像を超えたところにチャレンジしていくことによって得られるからです。
非常に質の高い視認性と機能性、操作性全てを兼ね備えたアプリケーションを提供できるのはこのような多くのチャレンジと失敗によって完成されてきたものです。

事業を広めるとデメリットは必ず発生してくると思いますが、
枠に囚われず失敗を恐れず前進する姿勢は多くの企業が見習うべきものを持っています。
イメージばかり気にしてチャレンジしなければ新しい成功もないので、いつまでたっても伸びることなんてないからです。

私どもはこのような記事を書いていますが、そんな私達サイト運営者にもDMMは非常に寛容です。この記事を読んでいる方がDMMについて書いてみようとした時、どこのFX会社よりも寛容に協力してくれるのはDMMです。そこまで寛容であるとそれを悪用する者も現れ、企業へ悪いイメージがつくリスクもあるのですが、それを恐れず前進姿勢を貫いている所が素晴らしいと思います。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
» DMM FXが世界第2位を築きあげた理由