DMM FX口座開設時まで 審査は?・詳細レポート


 

FXを始めるのに当たってDMM FXの口座は欠かせないと思います。なぜならばこの会社はスプレッドが最も狭いからです。
スプレッド狭ければ当然、最も経費がからないわけでFX会社を選ぶ判断基準の最も重要な点だと思います。

口座開設してみた詳細

他のFX会社を使っていたのですが、スプレッドに魅力を感じてDMMFXの口座も開設してみたので詳細を書いておこうと思いました。

私の場合は夕方5時位にスマホで住所や名前等を入力して申請・送信しました。
今やスマホでゴロゴロしながらいろんなことができてしまいます。みんな依存しちゃうわけですね。関係ないですが女子校生は平均1日7時間スマホしているそうです。ラインや動画を見ているとか。

さて送信後・その日のうち(夜8時くらい)に返信メールが来て住所について確認したいとのことでした。私の場合自営業なので勤務先の住所が自宅と同じになっていたためその確認です。通常ならばこのメールは来ません。

そして2日後にはパスワードが入った封筒が送られてきて口座は開設されました
その封筒というのが上の画像の、下の左から2番目以降を押すと表示が切り替わります。
上質ないい匂いのする封筒で中の紙も高級感を感じました。内容は入金方法など説明が書いてありました。

特に今回改めて感じたのは開設までの時間が圧倒的に早いという点ですね。DMMではこの早さを大分意識しているようです。第一に早い対応は気持ちがいいし信頼につながります。第二に投資家の意欲が失われないうちに開設した方がいいですからね。
夜8時でも返信が来たので24時間電話対応をしているDMMFXならではだと思います。他の業者ですと平日9時~19時しか対応していない所もあります。その点DMMは口座開設までの時間は早いですね。

開設は15年位前だったら開設には1週間ぐらいかかりました。まずインターネットで資料請求して、返信が届いてから手書きで書面にサインして身分証のコピーを入れて郵送するという原始的な方法でした。

気になる審査は?

勤務先の審査とか特にないので特に問題がなければ簡単に開設することができます。FX会社が入力した勤務先に連絡して確認することはありません。債務者のブラックリストなどに載っているとか住所が存在しないなど、よほど特別な事情がない限り審査は通ります。
私はFXの口座も10個以上開設しているのでですが1度も開設できなかったことは無いです。無職に近い状態の時もありましたが大丈夫でした。一定収入は審査に必要ですがあくまで自己申告です。無責任すぎる申告も良くないでしょうね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
» DMM FX口座開設時まで 審査は?・詳細レポート