人気FX業者 DMMFXとGMOの比較


FXを知っていくとDMMとGMOという2大勢力構図が出てきます。
両者は互いにどちらか一方が下げれば一方も下げるといった投資家にはありがたいスプレッド競争を繰り広げてきました。そしてDMM系列である外為ジャパンとともにDMMは極限のスプレッドを達成しGMOも並んでいます。
FXの口座を開設している方はスプレッド・スワップの比較などいろいろ見ておられると思いますので既にご承知とは思いますがDMMとGMOは二大勢力のぶつかり合いと言う感じでどちらも非常に優秀です。
ではこの2つの業者は一見すると優秀なことしか見えてきませんが、この両者には決定的な違いがあります。
DMM FXは非常に事業に積極的で寛容・斬新である会社です。
代表的なことを一つ挙げれば、CMに「ローラ」を起用してきたことです。金融系の銀行やクレジット会社などはイメージを重んじますので阿部寛のようなイケメンや教養ある人を起用しますが、「ローラ」という全くタイプの違うキャラを持ってくることは革新的で斬新な発想です。

GMOは高い品質を保持しているがイメージを非常に大切にする会社で少し閉鎖的なところがあるんです
GMOクリック証券について記事を書いたサイトオーナーにアンケートを実施した所、GMOクリック証券が広告掲載許可を出したのはわずか3パーセントぐらいに過ぎなかったというデータがあります。(DMMの場合なんと100パーセントであったそうです)
つまり少しでも質の悪いウエブサイトは徹底的にNGだったということです。
しかしその徹底によって、今日「GMOなら安心」と誰もが口を揃えて言うようになっているのです。

そこの部分だけを見てみるとまるでDMMとGMOは織田信長と明智光秀や旧寺社勢力のような関係または武田信玄と上杉謙信のような正反対の性質を持っています。

DMMはリスクを承知で新しい風も積極的に受け入れるながら前進姿勢を打ち出す会社GMOは敷居を高くしているが信用力随一で高い品質やブランドを保持している会社です。
どちらが良いとも言い切れない部分があります。これは考え方や個人それぞれの持っている価値観の問題になってきます。このようにFX会社は違う社風を持ちながら互いにぶつかり合いお互いに良い刺激を与えながら伸ばし合ってくれているんです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
» 人気FX業者 DMMFXとGMOの比較