初心者トレーダーも重宝するチャート過去検証シュミレーション機能


FXではデモ取引でシュミレーションを行うことができます。
デモ取引は体験して良さそうなら開設といった使い方や
自分の取引手法をノーリスクで試すという使い道があります。

今回注目したいのはチャートの売買シュミレーション・過去検証機能です。

まずセントラル短資のFX口座を見てみます
このクイックチャートトレードプラスというチャートは
単にチャートとして利用できるだけでなく自動売買として機能します。

セントラル短資FX「クイックチャートトレードプラス」自動売買

無題

移動平均を用いて自動売買設定をした例

移動平均越えで買い 移動平均下抜けで売りという方法を採用したとします。
このようなルールを作ったとしたら
それを設定し自動で取引を行ってくれます。
もちろん寝ている間でも約定し、約定通知メールが届きます。
この便利な自動売買機能ですが、
さらに自分の作ったチャート取引方法が過去のチャートにあてはめてどうだったか
集計して損益を出してくれる機能があるのです。
自分の行いたいテクニカルが
過去のチャートにあてはめたらどうだったのかを数秒でシュミレーション計算してくれるのです。

セントラル短資FX「クイックチャートトレードプラス」過去検証機能

無題2

ワンクリックだけで過去検証ができる

自分のチャート手法がどうなのか過去のデータで手動で検証するのは
かなり手間がかかります。
チャートでやっていく上で
過去検証をサクサク行いたい場合ならこうした
過去検証機能があれば非常に重宝します。
もしあなたがチャート重視派なら、
この検証機能の存在は計り知れないほど大きな存在になります。

マネーパートナーズのHyperSpeed NEXTにもある過去検証機能

マネーパートナーズが提供する
HyperSpeed NEXTにも過去検証(バックテスト)機能がついています。
無題
無題q
参照元マネーパートナーズHP

「チャート」重視派にとって過去検証機能の存在はかなり貴重です。
なぜなら実際に試すことなく、過去にあてはめることができるなら
戦わずして(リスクをさらすことなく)自分のチャート手法がどの程度のものか
知ることができるからです。
「自力で手法を開発し手動でチャートを見て売買結果をエクセルや手書きで計算し予想を立てる」
ことも可能なのですが、この手動作業は途方もなく膨大な時間がかかってしまいます

簡単にチャート手法のテストを過去検証機能を使用して簡単迅速に行えることは大幅な時間短縮効果が見込めるし、チャートで失敗して資金を失うリスクも大幅に軽減します。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
» 初心者トレーダーも重宝するチャート過去検証シュミレーション機能