SBIFXトレードでレバレッジ設定・資金調節方法と少額取引のメリット


この記事で勉強する内容
自分の資金のふところ具合に合わせて取引単位を調整するには
最適・鉄壁なレバレッジ設定をする

SBIFXトレードでレバレッジ設定

差し入れた資金の何倍もの約定金額で取引できることをレバレッジといいます。
SBIFXトレードではレバレッジ25倍に固定されているため、管理画面で100倍に設定したり2倍に下げたりすることはできません。

例えば1ドル100円の時に10000単位で約定する金額は100万円ですが、この時必要な必要証拠金は100万÷25=4万円となります。
200万なら8万円必要で固定されています。

つまり実際のあなたの使うレバレッジは25倍の範囲内で自分で調整することになります。
以下でSBIFXトレードでレバレッジや取引量の理想的調整を行うための勉強をしていきましょう。

icon-magic 約4円から取引可能【SBIFXトレード】
SBIFXトレードでは小額取引が可能であるため柔軟に資金調節することができる数少ないFX会社です。

少額単位で調整できるメリット

まずは具体的に少額取引にどんなメリットがあるのか?を見てみましょう。

他社のデモ取引では緊張感がなく真剣になれない時
結局の所、デモによる仮想マネーでは、実際の緊張感は得られません。
自分のお金がリスクにさらされていなければ真剣に勉強しようとは思わないのです。
「デモのように様子を見ながら緊張感も得る」その理想を具現化するには、少額で取引するという手があります。

資金が少ないので他社では最低単位が大きくて取引できない方
FXは怖いのでまずは少額で初めたいとき(他社では最低単位が大きくて不安な場合)です。
資金が非常にすくない方は逆にSBIFXトレードしかできない。そういうこともあるでしょう。
(ただしこの場合非常に小粒な取引となり、資産運用としては規模が小さすぎることになります)

資金を調節(増加・減少)させるのに1単位であると非常に小回りが利く
10000単位の業者である場合、単位を上げるだけで必要となる証拠金はそれだけで大きめに倍になる計算になります。(参考FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFXだが単位は10000から)

例:10000単位で必要証拠金4万の時→必要証拠金の2倍で入金額8万(維持率200%)というルールを決めている場合
20000単位購入するには(必要証拠金8万)→入金額は一気に倍の16万が必要になります。

「12万まで入金できるから単位10000通貨以上でも大丈夫そうだけど10000単位の次は20000単位しかえらべない、、。」
(購入15000単位(必要証拠金6万)入金12万にしたいのにできない)

 
ということが起こります。

10000単位の業者では選択できるのは10000単位か20000単位しかありません。入金額に対して柔軟に購入単位を変更できないのです。

しかし少額可能であれば、もっと小さい単位での調節が可能です。

今月は12万使えるから15000単位 来月は3万しか入金できないから購入単位は3750単位

 

というような少額な単位調整で入金額と取引単位をピンポイントで合わせることが可能になります。
自分の資金に単位を合わせるということができます。

単位に合わせて一気に資金を増額する必要がなくなります。
いきなり10000単位増やすのではなく500単位、6300単位など自由に決められるので資金に小回りが利くということです。

自分の資金の何倍までの取引量にするかを調節

SBIFXトレードの小額の柔軟さを使い1ドル単位で調節できますが、

初心者の方やこれから始めようと考える方なら誰でもこのように考えるはずです。

自分の資金ではいくらまでなら大丈夫なのか?いくらくらいの取引量が妥当なのか?

その答えは証拠金維持率200%以上、必要証拠金の2倍以上入金しておくのがベストです。
(例:必要証拠金4万(=100万の約定金額)なら入金額8万(使用レバレッジ12.5倍))

あなたがデイトレード派ならもう少しリスクをとっても良いでしょう。
しかし一般的な短期・長期運用なら有事に備えるためのも米ドルやユーロで±5円くらいの変動が起きても微動だにしない運用体制を構築しておくべきです。

レバレッジ25倍使用例:1ドル100円 預入金額1万円、ドル買いの場合
SBIFXでしかあり得ない1万円の資金からの運用だとします。
入金した1万円の証拠金で取引できるのはレバレッジ25倍なので25万円分2500ドル(通貨)が取引可能です。

2500ドル×100円=約定評価額250000円 預入10000円 必要証拠金10000円 証拠金維持率100% 余裕0
    

損失が1円でも発生しようものなら証拠金パンクラインに入り証拠金不足になります。すぐに証拠金を補充しなければなりません。
自分の資金に対して25倍の取引は大きすぎるのです。
25倍までできるとは言うものの25倍いっぱいまでリスクをとるのは自殺行為といえます。

そこで入金額を20000円とし証拠金維持率を200%にします

1万円の余裕があるので
100円から96円に-4円下落(2500ドル×-4円=-10000円)しても証拠金不足にはなりません。

取引する期間によって変わってきますが概ね通常の範囲では入金額は必要証拠金の2.3倍程度(維持率200%~300%)が無難です。
「鉄壁」な資金調節をすれば怖いことはありません。
使用できるレバレッジは25倍でもマイナス対策リスク管理のため、使うのは結局10倍くらいなのです

SBIFXトレードなら小額な範囲で調節が可能ですので、練習をしながら慣れていってみてください。

小額取引が可能であるため柔軟に資金調節ができる

約4円から取引可能【SBIFXトレード】

【SBI】SBI FXトレード

icon-chevron-circle-right FX業界に新企業が登場!『SBI FXトレード株式会社』 抜群のスプレッド・スペックを誇る取引環境で投資家の皆様に高水準のお取引環境を提供しています。 1500万人が選び、金融業界に変革を起こすSBIグループがより豊かなFX取引環境と、新取引アプリもリリースし、ますまず取引が便利に!!

FX スプレッドの計算方法 実際いくらになるか 例:0.3銭


479d696980b267fccb2dde4fe26d3e74_s

スプレッドが狭くておすすめ
全通貨業界最狭水準のスプレッドで提供中!

FXでは買値と売値の差のことをスプレッドと呼びます。
また買値はbidで売値はaskですがこれは覚えなくても大丈夫です。(取引画面で分かりやすくなっているからです)

ここまでは慣れれば難しいことではないのですが例えばドル円スプレッド0.3銭!と言われても、実際の取引でいくらなのか分かりません。
何度も取引している人なら分かりますが、特に一度も取引していない人や取引から遠ざかっている人が0.3銭とか言われても実際いくらになるのか分からないのです。

そこでここではスプレッドが0.3銭の場合に実際いくらなのか?その計算方法や見方について説明したいと思います。

実際に取引する時に表示されるレート

買値(bid) 売値(ask)
118.718 118.721

このように表示されています。
小数点の部分が「銭」ですね。小数点1位が10銭台。小数点第2位が1銭台。小数点第3位が0.1銭台ということになります。

さて0.3銭は通常のレート表示では0.003として表示されていることになります。

この0.003に取引数量をかけたものがスプレッドとして実際に発生する金額です。
たとえば数量が1万通貨であれば、0.003×10000でスプレッドは-30円になります。
以下数量別のスプレッドによる金額です。

 icon-external-link 例:スプレッド0.3銭

取引数量 スプレッドによる金額
10000 -30円
20000 -60円
30000 -90円
40000 -120円
50000 -150円
60000 -180円
70000 -210円
80000 -240円
90000 -270円
100000 -300円

1000通貨であれば0.003に1000をかけます。
 
スプレッドが狭くておすすめ
全通貨業界最狭水準のスプレッドで提供中!

◇関連記事
無料のDMMFXデモ取引口座の使い方と活用法 レバレッジ資金調整法
SBIFXトレードでレバレッジ1倍調整!少額本番でデモ口座のように使用可能!

初心者トレーダーも重宝するチャート過去検証シュミレーション機能


FXではデモ取引でシュミレーションを行うことができます。
デモ取引は体験して良さそうなら開設といった使い方や
自分の取引手法をノーリスクで試すという使い道があります。

今回注目したいのはチャートの売買シュミレーション・過去検証機能です。

まずセントラル短資のFX口座を見てみます
このクイックチャートトレードプラスというチャートは
単にチャートとして利用できるだけでなく自動売買として機能します。

セントラル短資FX「クイックチャートトレードプラス」自動売買

無題

移動平均を用いて自動売買設定をした例

移動平均越えで買い 移動平均下抜けで売りという方法を採用したとします。
このようなルールを作ったとしたら
それを設定し自動で取引を行ってくれます。
もちろん寝ている間でも約定し、約定通知メールが届きます。
この便利な自動売買機能ですが、
さらに自分の作ったチャート取引方法が過去のチャートにあてはめてどうだったか
集計して損益を出してくれる機能があるのです。
自分の行いたいテクニカルが
過去のチャートにあてはめたらどうだったのかを数秒でシュミレーション計算してくれるのです。

セントラル短資FX「クイックチャートトレードプラス」過去検証機能

無題2

ワンクリックだけで過去検証ができる

自分のチャート手法がどうなのか過去のデータで手動で検証するのは
かなり手間がかかります。
チャートでやっていく上で
過去検証をサクサク行いたい場合ならこうした
過去検証機能があれば非常に重宝します。
もしあなたがチャート重視派なら、
この検証機能の存在は計り知れないほど大きな存在になります。

マネーパートナーズのHyperSpeed NEXTにもある過去検証機能

マネーパートナーズが提供する
HyperSpeed NEXTにも過去検証(バックテスト)機能がついています。
無題
無題q
参照元マネーパートナーズHP

「チャート」重視派にとって過去検証機能の存在はかなり貴重です。
なぜなら実際に試すことなく、過去にあてはめることができるなら
戦わずして(リスクをさらすことなく)自分のチャート手法がどの程度のものか
知ることができるからです。
「自力で手法を開発し手動でチャートを見て売買結果をエクセルや手書きで計算し予想を立てる」
ことも可能なのですが、この手動作業は途方もなく膨大な時間がかかってしまいます

簡単にチャート手法のテストを過去検証機能を使用して簡単迅速に行えることは大幅な時間短縮効果が見込めるし、チャートで失敗して資金を失うリスクも大幅に軽減します。

FX初心者 主婦の集う「ブログ村」紹介


e58eb77046495076fc5b3fe8c3e351fd_s
FXをやっている方は主婦の方に限りませんが、
主婦で相談を受ける方に「よくFXやってますよ」とよく聞きます。

ブログで主婦が集う場所で、
1番メジャーなのは日本ブログ村のFX主婦投資家人気ランキングです。
主婦投資家の方がたくさんいます。
旦那さんに内緒で行う方、なんとか家の収入を増やそうという方
そして趣味で行ってる方もいらっしゃいます。
楽しみながらのFX、はけ口としてのFXという方です。
中には家中FX資料だらけでブログもギッシリ情報が詰まっている
といった感じのものすごい熱心な強者な方もいます。

ブログ村は登録も閲覧も無料で自由ですので参考にしてみてください。

他の方が頑張っているのを感じると、影響されて自身にもやる気が湧いてくるものです。

同じブログ仲間であれば
いいね!ボタンを押すと相手に表示され、それを見た相手がいいね!を返してくれます。

このサイトでもブログ村ランキングに参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
このサイトが参加しているブログ村
主婦投資家が集うブログ村

FX初心者 漫画で学ぶFX


気楽にゴロゴロしながら漫画を読み、
楽しみながら自然に頭に入れたいという方向けの本を集めてみました。




マンガFX入門


マンガ 今日からデビューのFX


私のFXバイブル


株、FX、世界経済がマンガでわかる 新・女子高生株塾


めおとFX 二人三脚トレード日記


投資知識ゼロでもよくわかる かんたんFX入門

FX投資のすべてがマンガでわかる! ザイが作ったマンガ「FX」入門

リスク オン まりおくん

一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!

一番売れてる投資の雑誌ザイが作った「FX」入門

マナブ式FX -福耳だけが取り柄の凡人サラリーマンがたった1年で6000万!

サラリーマンがFXで稼ぐ一番いい方法―給料と同額を毎月手に入れる!

友達や知り合いにFX外国為替をやっていると言うと、
「なんだか難しいことやっているね」と言われることが多くなります。
毎日為替速報をテレビで見る程度であった為替を実際にやろうという場合、
得意分野ならすんなり入り込めますが、そうでない場合は難しく感じるかもしれません
そんな時に漫画形式なら最初のとっかかりの抵抗感をなくすことができます。
さらに漫画の絵を見ることにより右脳と左脳をフル活用できるので
記憶力も高めることができます。

知識0からスタートするとより充実感が増すかもしれませんが
経験者から聞いたり、本で勉強すると方向性・効率性はかなり違ってくると思います。

FX初心者 デイトレードとは


e528beb19e925056033da65eaa428c63_s

デイトレードとは
その名の通り一日以内で新規と決済を終わらせる取引です。
そのため金利よりも
値動きによる売買益を得ることを目標とします。

スプレッドが広い通過ペアでデイトレードを行うと、
回収はほぼ不可能ですのでスプレッドが狭い通貨を選択することになります。
取引時間が短いため損益に対するスプレッドの割合が長期取引より高くなるため、
難易度は高めの取引方法です。
新規ポジションを持った時にいきなりマイナスから始まることでも分かる通り、
このマイナス分を短期間で埋めなければならないのです。

一日以内で取引して毎日収益を増やしていけるだろうとタカをくくっていると、
逆に難しい世界に入ってしまうかもしれません。

しかし、まずは失敗を恐れずやってみるのもよいです。
アニメ「巨人の星」の中で
「失敗を恐れて成功した者はいない」
と言っていました。
非常に良い言葉だと思います。
なんでもチャレンジしていき失敗を積み上げてしまえば、
やがては失敗は減っていき、
誰にも負けない技術が身についていきます。

分足チャートを用いて決める

デイトレードに
直接的なタイミングはチャートの分足で図り、
長期的な勢い・トレンドは日足、週で確認します。
分足といえども、
日足週足月足といった長期スパンの影響を受けているからです。

新規か決済を時間で決める

デイトレードにエントリー時はチャートで決めて
ヤメ時は~時間後になったら、
というパターンや、
エントリーと仕切りも時間で決める方法です。

事件の発生で取引する

あくまで一例ですが同時多発テロ、大地震直後、リーマンショックといったことが起こると、
相場は急激な円高になりやすい傾向があります。
その場合はドル-円なら売りから入ることになります。
場合によっては利益を追求したままスイングに持ち込むという手もあります。

このような「事件」は大小関係なくいつ起きてもおかしくありません。
口座に資金を入金しておき、
いつでも発進できるように準備しておきます。
FXはプロ・素人に限らず多くの参加者がいますので、
相場が動きだしてからでは既に遅い可能性はあります。
これを行う場合でもしっかりとリスク管理を徹底しておく必要があります。
過去に起きた出来事の日のチャートを確認し、
事件と値動きの関係を確認してみるのもよいです。

FX初心者 スキャルピングはエサは近いが落し穴がある


479d696980b267fccb2dde4fe26d3e74_s

デイトレードの中でもほんの数秒程度の値動きで、
新規と決済を繰り返す取引をスキャルピングと呼びます。

スキャルピングは売買期間が短いため、
レバレッジを最大クラスに効かせて運用することができます

一日で何度も取引できるため、
うまくいけば雪だるまのように、
利益が膨れ上がっていきます。

つまりFXの中でも最も取引期間が短いので、最も早く稼げる可能性があります。

スキャルピングの落とし穴

スキャルピングは良い面ばかりでなくデメリットがいくつかあります。
結論から言いますとこの手法は利益につなげることは非常に難しいと思います。
まず第一の欠点は利益を限定してすぐやめてしまう点です。
利益は伸ばし損は早めに切るのが
投資の基本スタイルです。
たしかにタイミングを図ることが圧倒的に長けているなら、
利益と損失が同じくらいでも勝率の高さでこの方法でもうまくいきます。

利益を指値で限定して取引していくとどうなるか?
勝率は高くなりますが、収益はイマイチになります。
野球でバットを短く持つのと似ています。
短く持つことによってバットコントロールがしやすくなりボールが
バットに当たりヒットしやすくなりますが、打球は伸びません。
これと同じです。

巷でチャートでここからここまで取引するのだと指南しているのをみかけますが、
まずその通りにやってもうまくいきません
実際にやってみると分かると思います。
チャート自体は非常に優れていますが、後から結果論的に都合よくチャートにあてはめても
実際にはうまくいきません。
タイミングを図ったつもりが上手くいかず、
結果は取引毎にスプレッド分が少しずつ削りとられていきます。

第2の欠点は
スプレッドの占める割合が高くなることです。
スキャルピングで自動売買を設定し数時間様子を見てみてください。
場合によってはひどい損失になっているはずです。
数時間行うだけでも利益になる可能性より大きな損失になっている可能性が高いです。
スプレッドが狭ければ問題がないのですが、塵も積もれば山となります。

まずはやってみるならデモ取引で徹底的にやりこんでみてください。
99%の人はうまくいきません。
しかしながら1%に入れる可能性だってもちろんあります。

第3の欠点は日足に比べ
分足はトレンドがないことがあり膠着状態が多い点です。
日足に比べ分足はタイミングを図ることが難しいです。
分足ですと「ほとんど値動きがない」ということさえあるのです。
遥かにスイングトレードの方が難易度が低く、やりやすいと感じると思います。

初心者トレーダーが小額の数円からできるFX


5b4affd7fb06a86839aa02a97f3e15f4_s

本番は最小単位でのスタートになると思います。
いきなりMAXからスタートはよほど資金に余裕がある場合だけで、通常はやはり少額からです。

デモ取引で体験

いきなり本番スタートではなく、
デモ取引で体験してみる手もあります。
スプレッドによる影響や注文の仕方などを、
ノーリスクノーダメージで調べることができるメリットは非常に大きなものがあります。
本当ならばデモだけで、全て実験ができればよいのですが、
デモばかりしていては、好機を逃すことや、本気でないと身につかない部分はありますので、
本番への移行のタイミングは個人差があります。
当サイトでは動画でデモ取引の紹介をしていますので参考にしてみて下さい。

少額向けFX業者

無題

少額からのスタートに1番向いているのはSBIFXトレードです。
取引単位は業界唯一 「1」単位からで
数円から始めることができます。
他の業者ですと1000単位 10000単位が普通です。
1単位から始められるメリットは少額からできるというだけでなく
より柔軟に単位設定できる点です。


資金126000円
「1万」単位 必要証拠金4万円
「1」単位  必要証拠金4円  の通貨ペアを
200%維持を目標で運用したい場合(=必要証拠金63000円までが限度)

「1万」単位であると
126000円で200%維持には 必要証拠金63000円までが限度になるので、
1万通貨単位で取引しかできません。
「1」単位であれば 63000÷4=15750通貨単位を取引
という、より細かい設定にすることが可能になります。
1000.10000といった「束」の状態に比べ
資金に応じてより柔軟に単位をコントロールすることができます。

FX初心者からの取引ルール構築


559fbef33f6c5933ff33d2889848c335_s
取引ルールとはどのように行っていくかの取引方針、計画、具体的取引手法です。
運用者(自分)を中心とした組織のようなものを作りあげていくことを目標にします。

取引手法の構築は長期的視野で考えていきます。
勝率はあまり気にしません。4勝6敗でもプラスになれば問題はありません。
プロであっても損失は必ずあり利大損小の手法によって合計では勝つことを目指しています。
この6敗はトータルでは必要になる意味のある損失になります。
このような手法を目指し、取引ルールを構築していきます。

一糸乱れぬ統率

ルールを構築することにより回れ右の号令がくだしやすくなります。
回れ右とはやり方の変更です。
もし無計画であれば通行止めになっている道に何度も入ってしまうような、
似たような失敗ばかり繰り返して、
結局得るものがなく相場から撤退することになりますが、
計画的にルールを用いていた場合、後で同じやり方を用いない
ことにより非常に効率よく前進していくので時間の節約にもなります。
aaaをaabにかえる
次はabbにしてみよう
などと格段に進歩して前に進んでいきます。

失敗を糧に積みあがっていけば
無駄であったと思える一つの作業や失敗が
土台になり、次の作業が早くなります。

「自由」にルールを構築できるのは素晴らしきこと

当サイトは勝ち組の行う投資スタイルをできるだけ公表していますが、
具体的取引手法については明言はしていません。
投資という性質上、損失は必ず発生する事と
いくら正しい手法があっても、
運用者の価値観や相場観、こだわりによって正しく活用することができないからです。

そして誰かに押しつけらるやり方より、
自分の投資スタイルに合った方法を模索していく方がよいと思います。
「自由」にルールを構築していけるのは楽しみの一つになると思います。
誰にも邪魔されず自分の力を発揮できるのは投資の大きな魅力です
FXで自分の力を大いに発揮してみましょう。

FX 初心者講座 成功実体験のお話


bf66723809a49bfa93e7c007e5b2220f_s
今回は2006年に+220万円いった時の話です。
当時の相場は数年に一度くるような
上昇相場でした。一日一日たつごとに上昇上昇また上昇と
完全にブレイクしていました。
しかし2005年秋、ある東証一部の銘柄に集中投資していた私は
一日で70万近い損失を出しました。
そのような上昇相場の中での
1銘柄のストップ安です。
株式というもののリスクの高さを思いしらされる出来事でした。
そこでリスク管理の修正を行ない、FXの運用に変更をしていきました。
それからも相場はアベノミクスの全盛相場のように上昇を続け 、
ついには損益は+225万円になりました。
その後、相場は失速したため利益を確定させましたが、
この利益は大きく
車を購入したことがあります。

今になって振り返るとテクニック的な理由ではなく、時期が本当に良かったと思います

いくらテクニックがあっても土台になる相場と合わなければ
雪にスリップする車のように
なかなか思うようには勝てない時期もあります。

引くべきときは引くことも大切で
投資においては360度の視野で、あらゆる可能性を模索する柔軟性も大切だと思います。

このような良かった時の経験もありますが、
敗北の数も結構あります。
天才ならばそれほど苦労しなかったかもしれませんが、
上達するまで私は何度も何度も敗北を味わい、
ようやく成功と言える状態に辿り着くことができました。
いや本当は成功したとは言いたくないです。
投資は好きですが時には魔物と化しますので、
緊張感も常に抱いています。

当サイトでの記事はそのような経験を基にして書いています。
15年以上の経験を基に書いていますので、
深みのある参考にできる点は少なからずあると思いますので、
是非参考にしてみてください。