SBIFX トレード 評判・特徴


個人的にはSBIFX トレードには何かしら悪い評判や評価があると思っていました。その理由はSBIFXのホームページがDMMFXなどと比べると、見劣りするからです。これだとシステム的にも古いのかな?なんて先入観を持っていました。
ところが、、
多くの方から支持されている非常に評判は良く評価が高いFX業者です。使って悪かったという人は当サイトで調べた限りあまりありませんでした。

それでも中にはチャートが固まるとか約定にタイムラグがありスリッページとなり損した
など定番的な悪い評価がありますが
このあたりはPCの問題であったり、スリッページに関しては特に成り行き・ストリーミングではよく見られる現象であり特別SBIFXだから起きた ということにはならないと思います。

さてSBIFXには皆さんどんな感想を持つかポイントを整理したいと思います。

1単位からできて初心者に優しい

とくに初めてFXを実戦で始める方にとって最低取引量が1万以上であると、
不安を感じられ方も少なくありません。実際5~10万程度の入金から様子を見ながら始める方がほとんどでありその資金で1万単位での取引は、期間にもよりますがリスク超過気味になります。
その点SBIFX では1単位という超少額からスタートすることも可能であり、デモでは経験できない、実戦ならではの緊張感を体験しながら経験を積むことが可能になります。
ただ実際のところ、この1単位というのは少額すぎるためあえて他の業者では採用するまでもないくらいの少額です。したがって慣れてくるに従い取引単位を増やしていくことになると思います。

スプレッドが狭いのも人気の一つです

とくにドル円は最も安い0.27銭という設定になっていますし、(ただし一万通貨以上は0.39となっています)
通貨全体のスプレッドは比較的に良い水準であり、実際に取引を続ける上でコストを下げてくれるため、人気があります。
ここで裏技なのですが、1万単位以下はスプレッドが最高のSBIFXトレードで、1万単位以上ならDMMFXなどでという風に使い分ける方法もあります。

住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金との連携で使う

SBIと連携する住信SBIネット銀行では、通常の普通預金金利より高いハイブリッド預金というものがあります。
ただしこの場合のSBIとはSBI証券のことでSBIFXトレードとは違うサービスとなります。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
» SBIFX トレード 評判・特徴