FX業者 スワップ金利で比較


買いの場合の金利スワップ (1日)     
※項目をクリックすると並べ替えが出来ます     
数値は1万通貨あたり           

※スマホでは横向きにして下さい

FX会社
(注文数量)
米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 ユーロ/米ドル


DMM FX
1 -5 20 70 2


マネーパートナーズ
1 1 30 65 0


東岳証券
-1 -4 13 68 -6


ライブスターFX
7 5 29 86 1


ヒロセ通商
0 0 43 85 4

トレイダース証券
1 1 18 65 -9

FOREX.com
0 -2 15 58 2

JFX
0 0 43 85 4

外為ジャパン FX
1 -5 20 70 2

SBIFXトレード
4 -3 23 70 -6

注目通貨オーストラリア

オーストラリアは買いでは大きな金利を得られますが、
売りでは金利の支払いが多くなります。
長期の買いには最も適している通貨の一つです。
スワップポイントが業界NO.1水準のライブスターFXの
豪ドル/円の買いをした場合

1万通貨なら1年 86円×365日で       +31390円
2万通貨なら1年 86円×2(万通貨)×365日で+62780円
3万通貨なら1年 86円×3(万通貨)×365日で+94170円
ただし価格変動リスクあり

価格上昇でもプラスになれば鬼に金棒だし、
価格で損失がでても金利が損失を埋めてくれます。

1日以上の売り(スイングトレード)を行う場合

売りで金利が発生するか、金利の支払いが少ないものを選びます。

DMMFXは非常にわかりすい金利

ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円
買い -5 20 70
売り 5 -20 -70

DMM FX
では金利スワップは買いと売りが同額になっています。
これはクリック365取引所取引と同じ方式を採用したものです。
金利で損がないと直感的に感じるし、
何より同額になっていることにより覚えやすく・見やすく・分かりやすいです。

実際に金利でどのくらいの差がつくのか

スワップポイントが業界NO.1水準のライブスターFX
ですがポンド/円に関しては29円とヒロセ通商とJFXの43円に14円の差がついています。

14円の差が1年保有でどのような結果をもたらすかというと

1万通貨 14円×365日       =5110円の差
2万通貨 14円×365日×2(万通貨)=10220円の差
3万通貨 14円×365日×3(万通貨)=15330円の差
実際には金利差は14円固定ではありません

となります。たかが14円ですが長く見れば結構違いますね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
» FX業者 スワップ金利で比較